「自分達で過ごす我が家を今よりずっと暮らしやすくしたい!」「住まいを自分のテイストにデザインしたい!」など、自宅のリフォーム・リノベーションのことを想像するとワクワクしてきますよね!
ワクワクで終わることなく、その夢を実現に向けていくためには少しばかりリフォームに対する知識を事前につけておくことが大事であると思います。
最近のリフォーム・リノベーション市場はどんどんデザイン性や技術力も向上し、今まででは考えられなかったことができるようになったりして多様化に対応できるようになっていきています。

ぜひまずは全体的なリフォームの知識をつけていただき、来たるべき時に備えていただくことが成功への近道と思います。 


リフォーム初めての方が意識すべき大事なポイント

1,実現したいリフォームの形を可能な限り固める

まずは、ご自身やご家族様皆様がこの度実現したいリフォームの理想の形を想像し、可能な限り具体的に落として固めることが大事です。そのためにはご家族皆様で現在の住居を見直し、不満や新たな要望をリストアップすることも必要になります。その後様々なリフォーム事例を見てイメージを固めていくのがいいと思います。
現在はインターネットで様々なリフォームの情報を得ることが出来る時代になりました。また書籍などでも各種リフォームの情報を得ることができます。 


2,概算の費用目安を決めておく

実際リフォームを行う際には多額のお金が動きます。1である程度実現したいリフォームの形を概念化できても、予想費用とあまりにも乖離があれば、その実現は難しいものに終わるでしょう。そのために

①全体の費用の概算をざっと想定してみる
②自分たちで捻出可能な資金の計算
③各種ローンの情報を事前に調べておく

必要があります。ただしリフォームに熱を上げすぎてしまって、後の生活設計に支障をきたすことのないように注意してシミュレーション&大よその計画を立てましょう。
またその際に忘れがちなものとして

①インテリアで新調するものがあるか?
②地域独自のリフォームに関する助成及び税制優遇の有無
③リフォーム工事中の仮住まいに発生する費用
④今見えていないが発生するかもしれない追加予算枠

も同時に念頭に置いておくことが大事です。


3,リフォーム業者の選定と絞り込み

最終的にあなたのリフォーム構想が成功するかどうかは、ご自身にあった最適なリフォーム業者に巡り合ったのかどうかといっても過言ではありません。全てはご自身ご家族に合うリフォーム業者選びに尽きると思います。 

最適なリフォーム業者を選定するには、

①リフォーム・リノベーションの経験が豊かで実績がある業者か? 
②自分達が実現したいリフォームがその業者の強みに則しているか?
③専門知識が豊富等、担当者がちゃんとしているか? 
④各種許認可を取得しているか? (建設業許可証等)
⑤比較的自宅から近い位置に業者の事務所が存在するか? 

などが挙げられます。 
上記をチェックして、ある程度の業者数は絞った上で、残った複数の業者に対して見積依頼をし、金額はもちろんのこと内容の詳細、つまり施工体制や保証の内容等も見て評価をすることが大事です。


4,契約、契約書の作成

「親しき中にも礼儀あり」と申します。 
どれだけ業者の担当の方とフィーリングが合ったとしても、口約束だけでは無く書面で契約書を結ぶことが大事です。また信頼に値するリフォーム業者であるならば、必ず契約書は相互の取引を明確にするため結ぶ流れになるはずです。
契約書締結において重要なポイントは、

①お客様と業者との間で何を約束したのか、決めたのかを書いてもらう
②口約束にならないよう、可能な限り小さい事でも明記してもらう
③万が一問題が発生した場合の補償などのルールの明記してもらう
④工事範囲の明確化

などが挙げられます。


5,現場の確認(工事前・工事中・工事後)

いざ契約がまとまりましたら夢のリフォームへ向けた施工が開始します! 
まずは工事に入る前の準備を行う必要があります。

ポイントは、

①リフォーム予定箇所の家財の片づけ、掃除 
②ガス・水道を元から切っておくのか。そのままにするのか?
③工事業者の車の駐車場所や出入りについて場所やスペースを確保
④リフォーム中に発生する騒音やホコリの発生による近隣の方へのご迷惑を見越して周りのお家にご挨拶

などが挙げられます。
また工事中においてですが、ある程度リフォームが進んでくると、契約や見積と違うアイデアが出てくること、契約や見積とは違うようにした方がいい場合なんてことが発生することが多々あります。その際は、 

①作業者に直接変更依頼を行うことはせず、業者の担当者に連絡
②仕様変更にかかる費用変更の有無を確認して、変更がある時は再見積を行う。問題無ければ契約書もその旨変更を行う 

という手はずをふみましょう。


6,工事後の施工確認、最終確認へ 

いよいよ最終チェックまできました! 
もう一息ですが油断はできません。
お互いにとって気持ちのいい納品を行うために、契約に則った現場の最終確認を行う必要があります。

①業者と共に最終確認
(リフォームの箇所の説明、設備の場合は使い方の確認も)
②補修等が必要な場合は、その内容と共に残金の支払時期等について双方話し合いの上合意へ
③全て完了したら工事確認書にサインするなどを行います。

そして今後を見据えて 

④契約書や図面、設備関連の取扱説明書をしかるべき場所に保管

を行い、今後のアフターサービス等についてあれば業者と話し合っておければリフォーム完成となります!


成功のカギはリフォーム業者の選定

結局のところ、お客様の思い描くリフォームがうまくいくかはどうかは、お客様の望むことが技術的にできるという前提の上で、お客様に最適なフィーリングの合うリフォーム業者を選定できるかどうか?であると思います。お客様とリフォーム業者の意思疎通がしっかり取れていること、その上でちゃんとした契約書が取り交わされていること、作業中作業後に違和感があることが出てきた場合、お互いに違和感なく話し合える環境下にあれば大抵のリフォームは成功に導かれると思います。ぜひご自身にフィットするリフォーム業者を選定しましょう!


可能な限りまとめてリフォームできれば全体的なコストはお値打ちに

例えば「今回トイレをリフォームすることに決まった、しかし洗面台もいずれ近い将来リフォームする時が来ると思われる。だが今回はトイレだけをリフォームすることにしておこう」という風に、今はこのリフォームだけにしてその他の件は後回しにしようとお考えのことがあった場合、ものは試しに他のリフォームの箇所も同じタイミングで出した場合もご相談してみることは思わぬメリットにつながる可能性があります。
リフォームに際しては、一定量の職人が一定期間指定の場所に通って仕事をするわけですので、仕事が途切れるとまた仕事の取り掛かり前の作業などが次回のリフォームの費用にかさんできます。しかし、まとめて一度に可能な範囲で行うことが出来れば、職人の無駄な移動が減る分、人件費が下がる可能性が高いです。効率化の視点から考えてお得な取引になるという視点からぜひその他のリフォームを近い将来考えられている方はご一考いただく価値はあると思います。



いかがだったでしょうか?
なかなか細かくチェックするポイントはあるなぁとお感じの方も多いと思いますが、リフォームが実際始まってしまえば、あっという間に流れるように終わってしまったと感じる人も多いようです。
あたふたしている間に要所を確認せず終わってしまわないように、要点だけはしっかりと押さえて、実のあるリフォーム工事を実現させてください。
またぜひリフォームのご用命がございましたら当社にもご相談くださいませ。

電話・メールお問い合わせ